• morinone

【季節つぶやき事典】第10回《処暑》


新暦の8月23日から(9月8日まで)入る季節『処暑』についてのお話しをしましょう。


《二十四節気》のひとつ処暑(­しょしょ)は秋の節気、立秋、処暑、白露、秋分、寒露、霜降の2番目の節気となります。

処暑は「夏が過ぎるころ」という意味を表していて、厳しい暑さの峠を越した頃です。

朝夕には涼しい風が吹き、虫の声が涼を伴って聞こえてくるでしょう。

ただし、「処暑」のころは昼夜の気温の差や、夏と秋の季節の変化に人の体がついていけず、体調をくずして呼吸器系や胃腸、風邪、夏バテや食中毒にかかりやすい時期でもありますので、まだまだ注意が必要です。




暑さが少し和らぎ、穀物が実り始めますが、同時に台風の季節の到来でもあります。二百十日や二百二十日と並んで台風特異日とも称されるようです。

昔の人たちはこの暦に従って農作業を行ってきました。台風の襲来に敏感だったことが伺えます。




ほかにも、この時期は激しい夕立が降ることもよくあります。急な天候の変化に備えるよう日中の日傘兼用の折り畳み傘を常備しておくといいですね。

夏至の頃と比べると日の入りが40分ほど早くなっているために、「日が短くなった」と感じる様にもなってくる頃です。

処暑の《七十二候》は以下です。