• morinone

【季節つぶやき事典】第9回《立秋》


新暦の8月8日から(8月22日まで)入る季節『立秋』についてのお話しをしましょう。


《二十四節気》のひとつ立秋(りっしゅう)は秋の節気、立秋、処暑、白露、秋分、寒露、霜降の最初の節気となります。

暦の上では秋の気配が見え始める頃ですが、体感的には夏真っ盛りの時期です。ここから秋に向かっていくといった感じになっていきます。

立秋以降は夏の名残の残暑と言います。立秋を過ぎたら「暑中見舞い」も「残暑見舞い」に変わりますのでご注意くださいませ。

まだまだ暑い日が続いても、秋の気配は空からもやってきます。空が少しずつ高く感じられるようになり、もくもくとした夏雲と一緒に薄く刷毛で描いたような秋の雲が見られるようになってきます。

立秋の《七十二候》は以下です。

初候:涼風至(すずかぜいたる) 8月8日頃~8月11日頃

次候:寒蝉鳴(ひぐらしなく) 8月12日頃~8月16日頃

末候:蒙霧升降(ふかききりまとう) 8月17日頃~8月22日頃

ひとつずつ見ていきましょう。

涼風至(すずかぜいたる)