• morinone

【WSレポート】びん×Kitchen 11月「生姜の保存食」

立冬も過ぎ、暦では冬となりました!


寒さもいよいよ本番になってきましたね。


11月の〔びん×Kitchen〕のテーマは、「生姜の保存食」


そして、今回《増席→満席御礼》!の人気ワークショップとなりました。

今は新生姜が旬の時期です!



・生姜の甘酢漬け(ガリ)

・ジンジャーシロップ

・生姜の佃煮


の3種類の保存食を作りました。


新生姜でつくる甘酢漬けはほんのり桜色になるんですよ。


ジンジャーシロップは炭酸水で割るのもよいですが、これからの季節はお湯で割ってホットで飲むのがおすすめです。


ヨーグルトにかけたり紅茶に入れたり。


さらに、煮物や生姜焼きなどの料理の調味料としても大活躍します!


ジンジャーシロップを濾した後に残った生姜は、調味料と鰹節と合わせて佃煮にし、副産物レシピとしてご紹介しました。



《新生姜甘酢付け》お酢と合わせてしばらくすると、ほんのり桜色に。



《シロップ煮詰め中》生姜は後で佃煮にするので、スパイス・ハーブ類はティーバックに入れておきます。



《生姜の佃煮》鰹節をたっぷりいれるのがポイント!



《完成》ジンジャーシロップと甘酢漬けはそれぞれをびんに詰め、ラベルを貼ってお持ち帰り。


みなさん、こんなにたくさん生姜を切ったのは初めてとのことでした。


五感で楽しみながら、夢中で生姜を千切りされていました。



実習後のご試食では、ジンジャーシロップのアレンジレシピをご紹介。


・ジンジャーシロップを調味料として使った厚揚げと玉ねぎの生姜焼き風

・醤、ごま油、豆板醤などと合わせた中華風ドレッシング

・ジンジャーシロップの副産物の生姜でつくった生姜糖


ホットジンジャー、生姜の甘酢漬、当日作った生姜の佃煮も一緒に試食しました。




《実習した生姜の保存食とアレンジレシピを試食》



《生姜糖》


佃煮は生姜好きのみなさんに気に入っていただき、ごはんが合う合う!おかわりしたい!とのお声も。


生姜の保存食三昧で、今年の冬はポカポカ温かく乗り越えられそうな【びん×Kitchen】となりました!




#モリ乃ネ #morinone #くらしデザイン #料理教室 #発酵料理 #発酵食品 #発酵食づくり

#ワークショップ #保存食 #自家製 #食べる #五感 #くらし #ガラスびん #びん詰め #旬の食材

2回の閲覧

Tel: 090-8563-8581

morinone.ks@gmail.com

〒102-0071

東京都千代田区富士見1-12-9

グリーンアースビル1F

モリ乃ネKITCHEN STUDIO_白ヌキロゴok余白.png
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

Cpyright ⓒ 2019 morinone All Rights Reserved.