• morinone

【季節つぶやき事典】第27回《立夏》

新暦の5月5日から(5月20日まで)入る季節『立夏』についてのお話しをしましょう。




《二十四節気》のひとつ立夏(りっか)は夏の節気、立夏、小満、芒種、夏至、小暑、大暑、の最初の節気です。

立夏は夏の兆しが見え始める頃です。


新緑を青々と茂らす木々たちがとても美しく、すがすがしい風を感じられます。

気温は高くても、梅雨の手前で湿度も低いため、とても過ごしやすく晴れた日が続く1年で最も爽やかな季節です。

外で過ごすには最適な季節ですが、もうすでに紫外線が強くなってくる頃でもありますので、お出かけの時には対策を忘れないようにしましょう。



旧暦の時代に、梅雨の晴れ間という意味合いだった「五月晴れ」という言葉がこの頃の爽やかな晴天という意味でも使われるようになりました。





立夏の《七十二候》は以下です。



・初候:蛙始鳴 (かわずはじめてなく) 5月5日〜5月9日頃


・次候:蚯蚓出 (みみずいずる) 5月10日〜5月14日頃


・末候:竹笋生 (たけのこしょうず) 5月15日〜5月20日頃




ひとつずつ見ていきましょう。