• morinone

【季節つぶやき事典】第14回《霜降》


新暦の10月23日から(11月6日まで)入る季節『霜降』についてのお話しをしましょう。




《二十四節気》のひとつ霜降(そうこう)は秋の節気、立秋、処暑、白露、秋分、寒露、霜降の6番目となり、秋の締めくくりの節気です。

いよいよ冬の始まりが近づいて来ています。

朝晩にぐっと冷え込み、北国や山里では霜が降りはじめるころ。

(平野は12月に入ると霜がやって来ます)



この頃晴夜に気温が下がり氷点下になると、空気中の水蒸気が地表に凝結して霜になりますが、霜降はこうした自然現象を表しています。

露が霜に変わり、初霜の知らせが聞かれるのも大体このころで、山は紅葉で彩られます。 

秋が一段と深まり、日が短くなったことを実感できます。

霜が降りるには、その周辺の温度が0℃以下であることが条件ですが、気象庁で発表される気温は地上から1.5mの高さで観測するそうですので、気温が3℃と発表されていても、地面の温度は0℃以下になっていることもあるようです。 花壇の中や土の道にも、霜を見ることができるかもしれません。

そして、見上げる木々は色づきはじめていますね。

木々の紅葉には、朝晩の冷え込みが関係しているのだそうです。 朝の最低気温が10度以下になると紅葉がはじまり、気温が低くなるほどに、 葉は色鮮やかに染まっていきます。

だんだんと冬が近づいてきました。

ビタミンが豊富な食材や体があたたまる料理を日々の献立に取り入れて、冷え対策を行いたいものですね。

霜降の《七十二候》は以下です。