• morinone

【季節つぶやき事典】第20回《大寒》

新暦の1月20から(2月3日まで)入る季節『大寒』についてのお話しをしましょう。




《二十四節気》のひとつ大寒(だいかん)は冬の節気、立冬、小雪、大雪、冬至、小寒、大寒と、冬の最後を締めくくる節気となります。

寒さがさらに厳しくなり、1年中で最も寒い時季です。


小寒に入ることを「寒の入り(かんのいり)」、大寒が終わることを「寒の明け(かんのあけ)」と呼びます。

小寒から立春までの30日間を寒の内(かんのうち)といい、大寒はそのまん中にあたります。

寒の内は、1年でもっとも寒い時期ですので、各地で最低気温を記録するのもこのころです。


それは春に向けエネルギーをたくわえる大切な季節でもあるのです。



大寒が終わると、春の始まり「立春」を迎えます。


二十四節気においては、1年の始まりは立春。その前日、大寒の最終日は現在の大みそかといった日でした。

今も残る節分の豆まきなどの行事は、新年を迎えるための行事なのですね。


まだまだ寒いながら、冬の極みは過ぎ去り、寒さの中にも少しずつ春の気配を感じるように。 これからは、日が次第に長くなり、少しずつ暖かくなっていきます。


「春隣り」という季語があるのをご存知ですか?


もうすぐそこまで春が来ているという意味の冬の季語です。