• morinone

【季節つぶやき事典】第21回《立春》

新暦の2月3日から(2月18日まで)入る季節『立春』についてのお話しをしましょう。






《二十四節気》のひとつ立春(りっしゅん)は春の節気、立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨の最初の節気でもあり、二十四節気の1年の始まりでもあります。

長かった冬が明けて、日もだんだんと長くなり、初めて春の兆しが表れてくる頃です。


草木が芽吹き、花が咲き、多くの動物たちが活動を始める、命の躍動を感じる季節。

春を迎えた喜びと年が明けた晴れやかさに、最も華やいだ時季だったことでしょう。


この立春から始まる新しい年に初めて汲む水を「若水(わかみず)」といって、健康や豊作、幸福を招く水とされています。


まず神棚にお供えをして、それから食事の仕度や洗顔に使います。


この若水でいれるお茶を「福茶(ふくちゃ)」といいます。煎茶やほうじ茶に、結び昆布や小梅などを入れていただきます。


3日の朝、じっくりと沸かしたお湯でお茶をいれてみてはいかがでしょうか。




立春の《七十二候》は以下です。


初候:東風解凍(はるかぜこおりをとく) 2月3日〜2月8日頃


次候:黄鴬睍睆(うぐいすなく) 2月9日〜2月13日頃


末候:魚上氷(うおこおりをいずる) 2月14日〜2月18日頃




ひとつずつ見ていきましょう。