• morinone

【季節つぶやき事典】第23回《啓蟄》

新暦の3月5日から(3月19日まで)入る季節『啓蟄』についてのお話しをしましょう。


《二十四節気》のひとつ啓蟄(けいちつ)は春の節気、立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨の3番目の節気です。

冬ごもりをしていた生き物が土の中にも届いたあたたかい気配を感じて活動し始める時期です。

啓には「開く」「開放する」などの意味があり、蟄には「虫などが土の中に隠れて閉じこもる」という意味があります。

虫という漢字はもともと蝮をあらわす象形文字で、昔は昆虫に限らず、蛇や蜥蜴、蛙なども虫と呼ばれていました。確かに、漢字が虫偏になっていますね。


実際に虫が活動を始めるのは日平均気温が10℃を超えるようになってからで、鹿児島では2月下旬、東京や大阪で3月下旬、札幌は5月上旬頃に当たります。 虫が冬眠から目覚めるとそれを補食する小動物も冬眠から目覚め動き始めるのです。

しばらくすると、桃の花はほころび始めて、青虫が蝶になり舞い始めます。



春の役者たちが「やっと出番がきましたか!」と、はりきって登場するようなイメージですね。



冬の間、寒気や雪、害虫などから樹木を守っていた「菰(こも)巻き」を外すのも啓蟄の頃が多く、春の風物詩となっています。



※江戸時代から伝わる害虫駆除の方法ですが、実際には効果がなく、冬の風物詩として行っていることが多いようです。

また、3月に行われる大きな行事に雛祭りがありますが、雛人形を飾りっぱなしにしているとその家の娘の婚期が遅れる、とよく言いますよね。

雛人形を仕舞うのは、啓蟄までに行うとよいと言われていますので遅れないようにしましょう。