• morinone

【季節つぶやき事典】第24回《春分》

新暦の3月20日から(4月3日まで)入る季節『春分』についてのお話しをしましょう。




《二十四節気》のひとつ春分(しゅんぶん)は春の節気、立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨の4番目の節気です。

春分とは、太陽が真東から昇り、真西に沈む日のこと。

昼と夜が同じ長さになる春分の時期を二十四節気の大きな節目のひとつとします。

これは、秋分も同じです。


この頃には雨と晴れの日を繰り返し、一雨ごとに暖かさを実感できますが、急に寒気団が南下して真冬の寒さに戻ることがあって、寒の戻りと呼ばれます。



春分の日を中日にして、前後3日の7日間が、春のお彼岸です。



極楽浄土は西にあると信じていた先人たちは、太陽が真西に沈むこの日が極楽浄土に最も近づける日と考えたようで、彼岸に仏事を行うようになったとか。


「暑さ寒さも彼岸まで」といわれる通り、ようやく暖かくて心地の良い季節の始まりですね。


天文学的には、春分のから夏至の前日までが「春」となります。


最近は、早い時期から暑くなって夏のような日がやってくるので、この春の陽気を五感で感じながら味わいましょう。




春分の《七十二候》は以下です。



・初候:雀始巣(すずめ