• morinone

【季節つぶやき事典】第5回

『季節つぶやき事典』の第5回からは、これまでお話をしてきました二十四節気や七十二候五節句雑節について季節ごとに合わせてお送りします。

わたしがシェアキッチンにいながら季節を感じられるのも、こういった暦を知ればこそ。

皆さんと一緒に先人たちの創り出した季節を感じて思いを馳せることができたらうれしいのです。

ではさっそく、新暦で言うと6月5日から(6月20日まで)入る季節『芒種』についてお話ししましょう。


《二十四節気》のひとつ芒種(ぼうしゅ)は夏の節気、立夏、小満、芒種、夏至、小暑、大暑

の第3番目の節気となります。

「芒」は「のぎ」と読み、イネなどの穂先にある針のような部分を言います。「芒種」は稲や麦などの穂の出る植物の種をまく頃を意味します。

ですが、二十四節気は日本の季節感とはずれが生じるため、実際には蒔き終えていて、育てた苗を田植えする時期となります。

現代では田植え機で田植えを効率よくできるようになりましたが、以前は人の手で植えるという大変な作業でしたね。花笠姿の早乙女が田の神様に豊作を祈って田植えをするならわしは今でも続いています。


芒種の《七十二候》は以下です。

初候: