• morinone

【季節つぶやき事典 第3回】



これまでお話をしてきたように、日本人は時間の流れを正確に測り知ることだけでなくて、日常のくらしに寄り添った季節を感じる暦を望んで作り上げてきたことがわかりますね。


日本には、他にもまだ、日本独自に季節を表す目安があるのをご存知ですか?


「桃の節句」や「端午の節句」と言えばおわかりになるかと思います。





なんとなく行事のひとつの様に使っているこの「節句」というものも季節を表す指標で、旧暦と密接な関係があるのです。


そのあたりのお話を今回はしていこうと思います。




五節句(ごせっく)

五節句・五節供」と言われる風習は、中国から伝わった考え方に 日本 の宮中行事などが合わさったものです。

江戸時代の初期には江戸幕府によって「 式日(しきじつ) 」と定められ公武行事として行われました。


この風習が武家から民間にも広まり、次第に一般にも定着したとされています。

江戸幕府が決めた「式日」は、明治時代に入って暦を「太陰太陽暦」から「新暦(太陽暦・グレゴリオ暦)」に改暦した時に廃止されました。


しかし、日本人のくらしは稲作を中心としていたため日常に定着し、節句は日本の季節行事として深く根を降ろしてきました。そして広く民間に根付いて現在に至っているのです。


その式日を節句(せっく)といい、代表的なものに五節句があります。

五節句には、3月3日、5月5日のように奇数の重なる日が選ばれています。