• morinone

【ことごと綴り】夏の土用養生編

夏本番!がやってくる季節ですね。

でも、実は暦の上では、すでに次の秋への移り変わりの時季となっているのです!


「ことごと綴り」では、二十四節気にまつわる食のことをその時季ごとに綴る他に、各季節ごとの養生にまつわること「季節の養生編」も綴っていきたいと思っています。


今回は、「夏」!といきたいところですが、今は、8月7日の立秋を迎える前の「夏の土用」の時季とされていますので、「夏の土用の養生編」となります。


まずは、その「土用」という季節についてお話をしてから、その時季の養生について綴って参りたいと思います。




【土用について】


雑節のひとつである土用。

土用は季節の変わり目のそれぞれの季節の終わりの約18日間をいいます。

年4回、合計約72日間あります。

二十四節気の立春、立夏、立秋、立冬が春化秋冬の季節の始まりですから、その約18日前からその前の季節の土用に入るということになります。




春の土用:4月18日~5月5日頃

夏の土用:7月21日~8月7日頃

秋の土用:10月21日~11月7日頃

冬の土用:1月17日~2月3日頃


先人たちは、この土用前後に様々な儀式やお祭り、民間風習、養生法を多く残しています。

1年の季節の巡りの中で、過ぎる季節を終わらせて、来る季節を迎える時期です。

また、過ぎゆく季節と新しく迎える季節の境にある土用は、気の乱れる時期と言われ、体調を崩す人が増えるともいわれていますので、養生の点においても日本の季節を5季と捉え、一緒にその季節ごとの養生について見ていけたらと思っています。


ちなみに、この5季という考え方は、古代中国で始まった「五行説」と深い関わりがありますので、少しだけこの「五行説」についてご説明しますね。