• morinone

【《特別講座》醤油とひしおづくりWSレポート】

春の季節をはっきりと感じられるようになってきました4月17日(土)、《特別講座》醤油とひしおづくりワークショップを開催しました。


日本の伝統発酵調味料である「醤油」と「ひしお」の仕込み実習とそれぞれのきほんのお話の2時間、その後は醤油を搾ったもろみやひしおをアレンジしたプチランチをお楽しみいただきました。





コロナの影響でオンラインワークショップへご移行される方がいらしたりと直前での調整がありましたが、

皆さまにもご協力いただきながら、キッチンスタジオでの対策をしっかりとして開催することができました。



今回のワークショップで仕込む「本醸造 丸大豆 濃口醤油」は、じっくり一年以上熟成させるお醤油です。

奥出雲の老舗醤油蔵 森田醤油さんの厳選した材料で手間ひまかけてつくった麹で仕込みました。




醤油麹をゆっくりと目覚めさせるように塩水を注ぎ、まんべんなくかき混ぜていきます。

この「もろみ」を、これから1~2年をかけて発酵熟成させていくのです。



これまで仕込んできた醤油のもろみを前に説明するノブさん。


仕込んだばかりのもろみ、1年熟成、2年熟成、1年熟成させて絞った醤油に再び麹を仕込んだ「再仕込み」、更にそれをまた1年熟成させて絞った醤油に再び麹を仕込んだ「再々仕込み」をお披露目。

(左から順にだんだんと色が濃くなっていくのがわかりますね。)


今年もまた、「再々々仕込み」に挑戦するのだそう。